一定の期間中に売却できなかった場合

一定の期間中に売却できなかった場合、業者が家を買い上げてくれるのがいわゆる不動産仲介業者による買取保証システム(買取保証制度)と呼ばれるものです。

買取額はあらかじめ設定した通りですから、金銭的な見通しは明確になりますが、期間内に仲介で売れた時の価格と比べると割安感があることは否定できません。そういったシステムがない業者もありますし、あっても顧客の要望がなければ付かないオプションですから、自分の目的に合っているかどうかよく考えて選択しましょう。

諸般の事情により早々に物件の処分を希望しているなら、よくある選択肢は2種類あります。

不動産会社に買取制度があればそれを利用してそのまま買い上げてもらう方法がひとつ、あとは売りに出す際の価格設定を思い切って下げて早く売り切るやり方です。目的達成のためにはやむを得ませんが、どちらに転んでも売却額は平均をかなり下回るわけですから割り切りも必要ですし、綿密な計算も必要です。土地や住宅の査定をしたあとになって、その業者から再三再四、売却に関して打診され、辟易することもあるようです。

営業的な熱意にほだされて断るに断れず、不動産屋なんて似たりよったりだろうと思い、簡単に1社目と契約を結んでしまうこともあるようです。

それで良いのでしょうか。

気が進まないのであれば断るのは一向に構いません。営業成績がどうのと言っても断られるのは日常茶飯事ですし、依頼者もそう割り切るべきでしょう。悪質な営業の被害を考えると当然かもしれませんが、個人情報を知られずに物件の査定をしてもらいたいと考えている人が増えたため、近頃は、ネット上で匿名の一括査定を受けられるサイトがよく使われているようです。その利点は、それまでの一括査定サイトでは当たり前だった、査定後のしつこい営業電話を回避できるほか、怪しい業者に個人情報が伝わることがないなどの良さがあります。しかし、残念ながら匿名の一括査定サイトでは簡易審査だけしかできないので、正確な査定額を知るためには、個人情報を入力し訪問査定を受けなければならないでしょう。

一般的に、不動産を売却する際は不動産仲介会社を介して他者に物件を売るのですが、不動産会社の業務内容によっては、物件を直接買い取ってくれる場合があります。

具体的には、買取業務を行っている不動産業者に、売却したい物件の査定を依頼して、出された買取価格に納得できればその業者に物件を買い取ってもらいます。

売りづらい物件を仲介で売却するとなると、ある程度時間ががかかることを覚悟しなければなりません。

しかし、買取ならスムーズな売却計画が立てられます。

詳しくない人から見ると不動産査定と不動産鑑定は同じものだと思われがちですが、公的機関や法的な場面でも使えるものか否かという違いがあります。査定においては、その不動産会社の販売実績や独自の査定基準から計算した参考価格としての意味合いが強くなります。その一方で、鑑定は国家資格を持つ専門家の不動産鑑定士があらゆるポイントから対象の不動産物件を調査し、経済価値を算出するものです。

このように判断された不動産鑑定評価なので、査定に比べて公的機関でも有効に認められている評価だということになります。

家を売却するときにまだローンを返済中であれば、売る前にかならず完済していなければなりません。不可能であれば、ローンの貸主である金融機関と交渉した上で、売却することを「任意売却」と言います。

個人で任意売却の手続きをするのは簡単ではありませんから、弁護士や任意売却を専門にしている業者に相談し、効率的に手続きしてもらうほうが安心です。ご存知の方も多いと思いますが、不動産の査定を受ける場合、「簡易査定(机上査定)」と「訪問査定」という二つの選択肢があります。

所要時間も変わることを留意しておきましょう。

簡易査定については、最長でも1時間のスピード査定が可能です。

さて、訪問査定に必要な時間ですが、物件のチェックそれ自体は長くても1時間かからないでしょう。

とはいえ、役所への調査を含めた時間が加算されるので、場合によっては1週間近い時間が必要になることがあると理解して、ゆとりを持った計画を立てることをおススメします。

不動産を任意で売却するという話になるといつもメリットが強調される傾向がありますが、もちろんそんなうまい話はなく、しっかりとデメリットも存在しています。

競売などの強制売却方式ではなく、あくまで任意で売却を行うので、手間と労力がかかってしまうのは否めません。

金融機関などと交渉して、様々な手続きを行う必要がありますし、希望者の内覧に対して立ち会いの必要が生まれるなど、相当な負担を強いられることを覚悟せねばなりません。

これだけの努力をしているのにもかかわらず、100パーセント売却できるわけではないのです。不動産物件売却の前がいいか、後にした方が後悔しないのか、売却する家が戸建てでもマンションでも、自分に合わせた引越しのタイミングを選ぶことをお勧めします。

手元に資金がない場合には、物件を売却してから新居探しをすると、お金の心配をしすぎて早とちりしてしまうリスクを抑えられます。

一方、新居が決まらぬまま家を売却してしまうと、仮住まいへの引越しに、新居への引越しとニ回引っ越す必要があります。

引越しを1回で済ませたいなら先に引越してしまうのがいいのですが、売却資金以外で新居契約の資金を用意できるかが問題でしょう。